アルバムのデメリット

重くて扱いづらさを感じる

さまざまな写真の残し方がある中で、アルバムを利用した写真の保存方法は根強い人気があります。そんなアルバムですが、実はいくつかのデメリットがあるので注意しておきましょう。そのデメリットのうちの一つが「重くて扱いづらい」という点です。アルバムは現像した写真を何枚も挟んでいくので、まとまった数の写真を保管すると結構な重さになります。また、アルバム自体のサイズも大きく、携帯性も良くはありません。そのため、気軽に引っ張り出して見るということに向いておらず、一度本棚にしまうとそのままになってしまうことがあります。このように、近頃話題の軽量で持ち運びやすいフォトブックと比べると、アルバムはどうしても扱いづらいという難点を持っています。

アレンジすることが難しい

アルバムのデメリットとして、「アレンジがしづらい」という難点を挙げることが出来ます。ポケットタイプのアルバムにしろ台紙タイプのアルバムにしろ、基本的には写真を挟んでいくだけなので、自分流のアレンジを施すというのが難しいのです。一方、フォトブックやデジタルデータで写真を残す場合には、写真にコメントを加えるなどといった編集が可能です。そのため、通常のアルバムに比べるとオリジナリティに溢れた写真の残し方が可能になります。もし、自分で色々とアレンジしたいと思っているのなら、アルバムでは少し物足りなく感じるかもしれません。これからアルバムで写真を残していこうと考えている方は、この点をしっかりと把握しておきましょう。